生活リハビリ事例
2021.12.01

H様の目標:足の浮腫みを軽減したい。

H様の目標:足の浮腫みを軽減したい。

生活リハビリ押切デイサービスセンターでは、「お客様の人生の可動域を拡げる」ことをテーマに理学療法士や作業療法士、介護職、福祉用具専門相談員が連携して生活リハビリを提供しております。生活リハビリでは各職種が次のようなアプローチを行う事で、お客様の生活の自由度を高められるよう支援しております。

理学療法士:歩行など生活の基礎となる動きに必要な体幹や足腰へのアプローチ
作業療法士:指先を使う細かな動作など肩や腕の応用的なアプローチ
介護職  :目標達成に向けた環境面の支援や声掛けによる日常生活からのアプローチ
福祉用具 :2か月に1度ご使用中の福祉用具を点検し安心へのアプローチ
看護職  :お客様特有のリスクを管理し、医療的視点から安心・安全な生活へのアプローチ

各職種の強みを活かしたアプローチでお客様の目標に向かってサポートします。

それでは生活リハビリ押切デイサービスセンターの取り組みを紹介致します。

作業療法の様子

清水_デイサービス

昔手芸をやられていたH様。「刺繍はやったことがないけどやってみたい!」と刺繍に初挑戦。「やっぱり手芸は楽しいね!」とその姿はとてもイキイキとしています。

看護の様子

清水_デイサービス

むくみが強い為、看護師が弾性包帯を足に巻きます。足首まわりの周径を測定すると効果を実感!確実にむくみが減ってきているのが嬉しい。

参考:H様むくみデータ

清水_デイサービス

理学療法の様子

清水_デイサービス

むくみ対策として青竹踏みもスタート。本物の竹は踏み心地が良いので、靴を脱ぎ、竹の感触を直接感じて頂きながら実施しています。

屋外歩行訓練の様子

清水_デイサービス

屋外歩行訓練もいつも積極的なH様。休憩なしで歩ける距離も延び、信号も渡れるようになりました!

清水_デイサービス

御入居当時から変わらぬお姿。H様の毎日の努力の結晶です!

アクタガワの生活リハビリとは

アクタガワの生活リハビリでは「腕を上げる」「足の曲げ伸ばし」といった“機能の向上”だけを目的とするのではなく、本人、ご家族様の「箸を使って食事する」「歩いて買い物に行く」といった希望に沿い日常生活の“「○○したい」の実現”を目標としてアセスメントを基に個別プログラムを作成します。個別プログラムの実施結果は科学的データを基にしながら目に見える形で評価します。

こちら生活リハビリを実施している拠点

アクタガワ 生活リハビリ押切 デイサービスセンター(静岡市清水区)

アクタガワ 生活リハビリ押切 デイサービスセンター

関連アイコン関連記事

生活リハビリ事例
2021.9.26
W様の目標: 大好きな日本舞踊をいつまでも

目次1 理学療法士との階段昇降訓練2 刺繍に挑戦3 御家族様… もっと読む »

生活リハビリ事例
2021.9.26
O様の目標: 自分でやれる事は自分でやりたいよ

目次1 むせないように気を付けながら介護職員がサポート2 福… もっと読む »

生活リハビリ事例
2021.9.26
S様の目標: 皆様の役に立つことで生きがいを感じたい

目次1 杖歩行の安定性を確認2 職員の仕事(コップ回収)を積… もっと読む »

生活リハビリ事例
2021.9.26
B様の目標: いつまでも歩ける自分でいたい

目次1 理学療法士との歩行訓練2 指先のリハビリにもなればと… もっと読む »

生活リハビリ事例
2021.9.26
A様の目標: 刺繍教室の先生をやっていた頃の楽しさを取り戻したい

目次1 理学療法士と移動の練習2 諦めていた刺繍を立位で指導… もっと読む »