生活リハビリ
2020.09.24

「吉野鮨」に行ってきました。|アクタガワの生活リハビリ

「吉野鮨」に行ってきました。|アクタガワの生活リハビリ

お客様の「お鮨」を食べたいという願いを叶えるべく、「鮨や」に言ってきました。ただ、今回の目的は「お鮨」をいただくことはもちろんですが、自分の足で歩いて行くということも大切な目的のひとつです。いわゆるリハビリを兼ねた「外食レク」という形になります。天気予報は降水確率70%でしたが、雨に降られることなく、無事に目的を達成しました。皆様、大満足です。

歩いて「吉野鮨」に向かいます

アクタガワの生活リハビリ

皆様、ひさしぶりの「お鮨」です

アクタガワの生活リハビリ

K様の目標

アクタガワの生活リハビリ

K様には今回「鮨や」に行くにあたって目標がふたつありました。ひとつは自分の足で歩いて店までいくということ。二つ目はお箸を使ってお鮨を食べるということです。

歩行訓練

アクタガワの生活リハビリ

K様の理学療法士との歩行訓練。お店までは約170mありますのでその距離は歩き続けなければなりません。

お箸の使い方訓練

アクタガワの生活リハビリ

K様の作業療法士とのお箸の使い方の訓練。この訓練の甲斐あって、お箸を使って完食できました。帰りも頑張って、途中休むことなく歩くことができました。

K様のコメント

また、自分の足で歩いて、お箸を使って、お鮨を食べに行きたいです。

以下の様なお悩みと目標をお持ちの方、ぜひご相談下さい!

現在の状態

  • 立ち上がるのが大変になってしまった
  • 歩くときにふらついてしまう
  • 食事の際、箸を使う事が大変になってきた
  • 着替えを行う事が大変になってきた
  • 最近忘れっぽい

目標

  • 転ばないで生活できるようになりたい
  • 箸を使って食事を安定して行いたい
  • 身の周りのことはできるだけ自分でできるようになりたい
  • 脳に刺激がある生活を送りたい

作業療法士と理学療法士、2人の専門職が在籍しています

作業療法士・理学療法士ともにお客様のリハビリをサポートする点においては共通していますが、専門領域がそれぞれ異なります。

作業療法士(OT)の得意分野

生活に直結するアプローチ。生活機能を改善させる専門家

主なリハビリの内容

  • 作業療法:手や指の応用動作の獲得
  • 認知療法

理学療法士(PT)の得意分野

基本動作・身体の仕組みへのアプローチ。身体機能を改善させる専門家

主なリハビリの内容

  • 運動療法:筋肉や関節をうごかしていく

2職種の連携による効果

2職種が協力し、生活行為と心身機能の両側面からアプローチしお客様の生活の質を高めることでお客様の「人生の可動域」を拡げます。

この生活リハビリを実施している拠点

アクタガワ 生活リハビリ押切 デイサービスセンター(静岡市清水区)

アクタガワ 生活リハビリ押切 デイサービスセンター

関連アイコン関連記事

ご利用案内
2020.8.18
アクタガワの生活リハビリ 機能訓練について

地域密着型のアクタガワ生活リハビリ清水銀座デイサービスセンタ… もっと読む »

生活リハビリ
2020.8.14
作業療法士の指導のもと「くす玉」が完成しました。(生活リハビリ)

作業療法士の提案で始まった「くす玉」づくり、7月初旬より作業… もっと読む »

生活リハビリ
2020.5.23
大好きな花の管理を自分でやりたい 生活リハビリ大賞

目次1 アクタガワの生活リハビリとは2 2019年度アクタガ… もっと読む »

コラム
2020.2.3
アクタガワのデイサービスではレクリエーションで楽しく体を鍛えています(生活リハビリクラブ)

目次1 アクタガワのデイサービスの特徴1.1 お客様同士がチ… もっと読む »

お知らせ
2020.1.22
2019年度 アクタガワ デイサービス 生活リハビリ大賞の発表

アクタガワのデイサービスでは、生活リハビリに取組み、素晴らし… もっと読む »