生活リハビリ事例
2021.07.20

K様の目標: 昔の経験を活かして、いつまでも自分らしく!

K様の目標: 昔の経験を活かして、いつまでも自分らしく!

アクタガワの生活リハビリとは

アクタガワの生活リハビリでは「腕を上げる」「足の曲げ伸ばし」といった“機能の向上”だけを目的とするのではなく、本人、ご家族様の「箸を使って食事する」「歩いて買い物に行く」といった希望に沿い日常生活の“「○○したい」の実現”を目標としてアセスメントを基に個別プログラムを作成します。個別プログラムの実施結果は科学的データを基にしながら目に見える形で評価します。

段差昇降

生活リハビリ事例

手芸屋に入店するには段差昇降が必要です。「お店に行く」という目標に向かって階段練習を始めました。

立位の持久力向上

生活リハビリ事例

全員のマグカップをキッチンで洗ってくださいます。カップを拭いて、片付ける動作をしているうちに、立位の持久力も大幅に向上しました。

率先してお手伝い

生活リハビリ事例

着付けをされているお客様の横で「着付けは出来ないけど畳む事なら出来ます」と率先して手伝って頂きました。とても丁寧に畳んで頂き助かりました。

歩いて近所の手芸屋さんへ

生活リハビリ事例

手芸クラブのメンバーと一緒に、歩いて手芸屋に行く事ができました。手作りの商品に興味津々!次の作品にも活かせそうです。気に入った商品も購入できました。

次の目標へ

生活リハビリ事例

手芸クラブ第二弾として、毎日使える刺繡入りティッシュケースを作成中。デザインを決めから行います。どんな作品が出来るのか、とても楽しみです。

こちら生活リハビリを実施している拠点

アクタガワ 生活リハビリ押切 デイサービスセンター(静岡市清水区)

アクタガワ 生活リハビリ押切 デイサービスセンター

 

関連アイコン関連記事

関連記事が見つかりませんでした。